UA-172463054-1
小説

猫又館・第2話 歓迎会の準備!

 

警護課事務所にてなにやら鼻歌まじりで楽しそうな声が聞こえてくる。

メイドちゃん
メイドちゃん
歓迎会の出し物なにやろうかなぁ♪去年は焼きそばだったから今年はクレープにしようかな?焼きトウモロコシも捨てがたいなぁ。出店をやるのが今から楽しみですね♪
秘書ちゃん
秘書ちゃん
あの、楽しそうなところ大変申し訳ないんだけど実は今年のボク達の課の出店は無しになってしまったんだ。人数が2人しかいないから受付に回ってほしいって総務から連絡があって。ごめんね。
メイドちゃん
メイドちゃん
そうなんですね。残念です。

肩を落としがっかりするメイドちゃん。

秘書ちゃん
秘書ちゃん
いいニュースもあるんだよ!なんと今年は新入社員が2人もはいります♪
メイドちゃん
メイドちゃん
ほんとうですか!どんなこが来るか今から楽しみです♪ついに私も先輩かぁ
秘書ちゃん
秘書ちゃん
2人の教育係はメイドちゃんにまかせるからよろしくね!
メイドちゃん
メイドちゃん
はい!頑張ります!
秘書ちゃん
秘書ちゃん
それと、会社全体の歓迎会の前にうちの課で歓迎会をやるからお店の予約を頼んでもいいかな?
メイドちゃん
メイドちゃん
いつもの猫又酒場ですね!了解しました。予約しておきます。
秘書ちゃん
秘書ちゃん
ありがとう♪2人がはやく仕事に慣れてもらえるように万全の準備をして待っていようね。

新入社員の配属を楽しみに待つメイドちゃんと秘書ちゃん。

来週はいよいよ新入社員が配属される週のようだ。

はたしてどんなこがくるのだろうか?

 

おしまい。